鍼灸師になろう!TOP > 東洋医学用語

東洋医学用語について

東洋医学用語は、これから鍼灸師をめざす人には永い付き合いとなる言葉です。基本的な東洋医学用語をご一読ください。経絡や経穴、流注、五兪穴、原穴、絡穴、陰陽五行論、五臓、五腑などなど。ぜひご参考になさってみてください。



東洋医学用語の一覧

経絡(けいらく)
経絡とは、気血榮衛の流れる通路として古代中国で考え出されたものです。気血榮衛が経絡の内外を流れることにより全身にめぐり、人体の各部を連結し、人身を養っています。また、
経穴(けいけつ)
経穴とは、体表部にあり、鍼灸施術の点であって全身のあるゆるところに存在します。経穴は経脈に所属しているのが原則ですが、
流注(るちゅう)
流注とは、簡単に言えば経絡の流れのことです。十二経脈には、それぞれ個々の流注があり、原則として、手の三陰経は
五兪穴(ごゆけつ)
五兪穴とは、十二経脈のすべてにあり、手・足の指先から肘・膝に向かって井穴(せいけつ)、榮穴(えいけつ)、兪穴(ゆけつ)、経穴(けいけつ)、合穴(ごうけつ)の順で
原穴(げんけつ)
原穴とは、経脈の源になる経穴のことで、人体の臓腑・
絡穴
絡穴とは、表裏関係にある経脈に連絡する部位にある経穴で、ここから絡脈が出て、次々に経脈が連絡して十二経脈を
ゲキ穴
ゲキ穴とは、急性疾患の治療によく用いられる。邪を退ける力を持った経穴で、ゲキには間隙・骨肉の間
兪穴(ゆけつ)
兪穴とは、足の太陽膀胱経の背部の経脈上に、各臓腑の名を冠した経穴を背部兪穴と呼ぶ。臓腑や経
募穴(ぼけつ)
募穴とは、胸腹部にあって、各経脈・臓腑に異常があると反応が出現しやすく、虚実の反応もよく出現す
会穴(えけつ)
会穴とは、腑、臓、筋、髄、血、骨、脈、気のそれぞれの気が集まるところで、それぞれの病変の治療に
奇穴
奇穴とは、古代中国人が有効な施術点として発表した、十四経には属していないものです。その有効性
陰陽五行論(いんようごぎょうろん)
古代中医学の理論である、すべての物事や現象を陰と陽の二つに分けて相対的変化としてとらえるという
五臓(ごぞう)
五臓とは、東洋医学における主要な内臓のことをいう。西洋医学でいう臓器をは認識がことなっている。
五腑(ごふ)
五腑とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱の五つの中腔生の内臓のことで、一般に、解剖学的なものよりも幅
肝(かん)
肝とは、肝臓のことをさす。東洋医学古典に示されている肝の機能には、以下のものがある。
心(しん)
心とは、心臓のことをさす。東洋医学古典に示されている心の機能には、以下のものがある。
脾(ひ)
脾とは、膵臓のことをさす。東洋医学古典に示されている脾の機能には、以下のものがある。
肺(はい)
肺とは、肺のことをさす。東洋医学古典に示されている肺の機能には、以下のものがある。
腎(じん)
腎とは、腎臓のことをさす。東洋医学古典に示されている腎の機能には、以下のものがある。
心包(しんぽう)
心包とは、心臓と包む膜のことで、心臓の機能を抽象的に表したものであると言われているが、実態は
胆(たん)
胆とは、胆臓のことをさす。主に胆汁を貯蔵し、消化を助ける働きがある。東洋医学では、『胆は中正の
小腸(しょうちょう)
小腸とは、上で胃の幽門に連なり、下で大腸に連なる消化管である。東洋医学では、『小腸は受盛の
胃(い)
胃とは、食道に連なる上腹部を占めている消化管である。東洋医学では、『胃は倉廩の官』とされ、脾と
大腸(だいちょう)
大腸とは、小腸に連なる消化管の最終部で、盲腸・結腸・直腸の3部からなる。東洋医学では、『大腸は
膀胱(ぼうこう)
膀胱とは、尿を一時ためておく袋で、下腹部にある。東洋医学では、『州都の官』とされ、体内に取り入
三焦(さんしょう)
三焦とは、六腑のひとつで、胸部を上焦、上腹部を中焦、下腹部を下焦と3つに分けられる。心包と共
気(き)
気とは、生体エネルギーのようなもので、先天的に親から授かったものと、後天的に飲食物などから得られるものによって
血(けつ)
血とは、血液のことである。脾胃の働きによって飲食物を消化吸収することによって、得られた栄養と水
津液(しんえき)
津液とは、津と液に分けられる体内の水分の総称したものである。津は、清んで粘りけがなく比較的うすい

気になる話題

肝斑(かんぱん)
肝斑はシミの一種です。ですから、シミと一口にいっても、医学的にはいくつかの種類に分けられるといわれています。医学的に分けた場合、肝斑のほか、日光性黒子、ソバカス、炎症後色素沈着、対称性真皮メラノサイトーシスなどに分けられます。見分け方としては、肝斑は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。左右対称ではないけれど両側に大きさの異なるシミがあらわれたり、両ほほのほかに口の周りや額に出たりする場合もあります。