鍼灸師になろう!TOP > 五十肩の検査法

五十肩の検査法について

五十肩は、その名のとおり50歳代を中心に見られる症状で、凍結肩といわれます。肩の筋肉などが凍ったように硬くなり、腕を上げづらくなるケースが多々あります。もちろん五十肩は、鍼灸師にとって必須ともいえる症状のひとつといえます。ここでは、五十肩を知るために使う様々な医学的検査法をまとめてみました。治療よりも検査を重視するスタンスをとる治療家も存在するほど、検査は重要です。ぜひ覚えておきましょう。



五十肩の検査法の一覧

ダウバーン徴候
ダウバーン徴候 ダウバーン徴候とは、五十肩の検査法のひとつで、患者の肩関節を他動...
ペインフルアーク徴候
ペインフルアーク徴候 ペインフルアーク徴候とは、五十肩の検査法のひとつで、患者の...
ヤーガソンテスト
ヤーガソンテスト ヤーガソンテストとは、五十肩の検査法のひとつで、検者は患者の肘...
上腕二頭筋長頭腱伸展テスト
上腕二頭筋長頭腱伸展テスト 上腕二頭筋長頭腱伸展テストとは、五十肩の検査法のひと...

気になる話題

肝斑(かんぱん)
肝斑はシミの一種です。ですから、シミと一口にいっても、医学的にはいくつかの種類に分けられるといわれています。医学的に分けた場合、肝斑のほか、日光性黒子、ソバカス、炎症後色素沈着、対称性真皮メラノサイトーシスなどに分けられます。見分け方としては、肝斑は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。左右対称ではないけれど両側に大きさの異なるシミがあらわれたり、両ほほのほかに口の周りや額に出たりする場合もあります。