鍼灸師になろう!TOP > 股関節障害の検査法

股関節障害の検査法について

股関節障害には様々なケースがあり、事故によるもの、先天的なもの、慢性化しているものなどがよく見られます。股関節の違和感はもちろん痛みやしびれなど様々な症状を引き起こします。股関節障害も、鍼灸師にとって必須ともいえる症状のひとつです。ここでは、股関節障害を知るために使う様々な医学的検査法をまとめてみました。治療よりも検査を重視するスタンスをとる治療家も存在するほど、検査は重要です。ぜひ覚えておきましょう。



股関節障害の検査法の一覧

パトリックテスト
パトリックテスト パトリックテストとは、股関節障害の検査法のひとつで、患者を仰向...
トーマステスト
トーマステスト トーマステストとは、股関節障害の検査法のひとつで、患者を仰向けに...
トレンデレンブルグ徴候
トレンデレンブルグ徴候 トレンデレンブルグ徴候とは、股関節障害の検査法のひとつで...

気になる話題

肝斑(かんぱん)
肝斑はシミの一種です。ですから、シミと一口にいっても、医学的にはいくつかの種類に分けられるといわれています。医学的に分けた場合、肝斑のほか、日光性黒子、ソバカス、炎症後色素沈着、対称性真皮メラノサイトーシスなどに分けられます。見分け方としては、肝斑は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。左右対称ではないけれど両側に大きさの異なるシミがあらわれたり、両ほほのほかに口の周りや額に出たりする場合もあります。